このページのリンク

カノウ セカイ ノ テツガク : ソンザイ ト ジコ オ カンガエル
可能世界の哲学 : 「存在」と「自己」を考える / 三浦俊彦著
(NHKブックス ; 790)

データ種別 図書
出版者 東京 : 日本放送出版協会
出版年 1997.2
本文言語 日本語
大きさ 247p ; 19cm

所蔵情報を非表示

開架
116.3||M 000247288 4140017902

書誌詳細を非表示

内容注記 【序 「何でもあり」の世界観~可能世界へようこそ】
【第一章 可能世界に何ができるのか】
第1節 哲学と様相
第2節 様相と量化
第3節 「もしもかりに……」
第4節 法則と因果
第5節 意味と外延
第6節 虚構と価値判断
【第二章 可能世界のネットワーク】
第7節 飽和する世界
第8節 到達できる世界、できない世界
第9節 現われては消える個体
第10節 諸世界を貫く個体
第11節 名指される個体
【第三章 可能世界とは何なのか】
第12節 クリプキ型とルイス型
第13節 可能主義―有りうるものは有る
第14節 様相主義―悪循環の患い
第15節 自然主義―神の心か、時空点か
第16節 現実主義の限界
第17節 虚構主義―実用という真理
【第四章 可能世界は本当に有るのか】
第18節 カミソリを研ぎすませ
第19節 帰納法を正当化せよ
第20節 ニヒリズムを回避せよ
第21節 平行宇宙を分離せよ
第22節 世界の個数を決定せよ
【第五章 自然科学と可能世界】
第23節 なぜ、量子の揺らぎが
第24節 なぜ、この宇宙に生命が
第25節 なぜ、「この宇宙」なのか
第26節 なぜ、あなたは存在するのか
【第六章 可能世界の外側】
第27節 不可能世界?
第28節 哲学的必然性?
第29節 無限個の論理空間?
第30節 混沌の中の意識?
一般注記 可能世界ブックガイド: p[235]-244
著者標目 三浦, 俊彦(1959-) <ミウラ, トシヒコ>
件 名 NDLSH:分析哲学
分 類 NDC8:111
NDC8:116.3
書誌ID 1000034062
ISBN 4140017902
NCID BN1601370X WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料