このページのリンク

ナゼ ハチマン ジンジャ ガ ニホン デ イチバン オオイノカ : 【サイキョウ 11ジンジャ】ハチマン/テンジン/イナリ/イセ/イズモ/カスガ/クマノ/ギオン/スワ/ハクサン/スミヨシ ノ シンコウ ケイトウ
なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか : 【最強11神社】八幡/天神/稲荷/伊勢/出雲/春日/熊野/祇園/諏訪/白山/住吉の信仰系統 / 島田裕巳著
(幻冬舎新書 ; 326, [し-5-6])

データ種別 図書
出版者 東京 : 幻冬舎
出版年 2013.11
本文言語 日本語
大きさ 295p ; 18cm

所蔵情報を非表示

新書
S172||S 000283945 9784344983274

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか : 「最強11神社」八幡/天神/稲荷/伊勢/出雲/春日/熊野/祇園/諏訪/白山/住吉の信仰系統
異なりアクセスタイトル:なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか : 最強11神社八幡天神稲荷伊勢出雲春日熊野祇園諏訪白山住吉の信仰系統
内容注記 序章 日本の神々と神社
第1章 八幡 ―日本神話に登場しない外来の荒ぶる神
第2章 天神 ―菅原道真を祀った「受験の神様」の謎
第3章 稲荷 ―絶えず進化する膨大な信仰のネットワーク
第4章 伊勢 ―皇室の祖先神・天照大御神を祀る
第5章 出雲 ―国造という名の現人神神主の圧倒的存在感
第6章 春日 ―権勢を欲しいままにした藤原氏の氏神
第7章 熊野 ―浄土や観音信仰との濃厚な融合
第8章 祇園 ―祭りで拡大した信仰
第9章 諏訪 ―古くから続くさまざまな信仰世界
第10章 白山 ―仏教と深くかかわる修験道系「山の神」
第11章 住吉 ―四方を海に囲まれた島国の多士済々の「海の神」
一般注記 主な参考文献: 各章末
著者標目 島田, 裕巳(1953-) <シマダ, ヒロミ>
件 名 BSH:神祇
BSH:神社
NDLSH:八幡信仰
NDLSH:神社
分 類 NDC8:172
NDC9:172
書誌ID 1000039783
ISBN 9784344983274
NCID BB14329107 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料