このページのリンク

コムラ ジュタロウ ト ソノ ジダイ
小村寿太郎とその時代 / 岡崎久彦著
(PHP文庫)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2003.5
本文言語 日本語
大きさ 416, xvip : 挿図, 肖像 ; 15cm

所蔵情報を非表示

文庫
B21||O 000272856 9784569579542

書誌詳細を非表示

内容注記 第一章 貧交行 ―貧乏を忘れ国事ばかりを考えていた国粋主義者の信念
第二章 水を得た魚 ―小村は時代が要請する「狂者」であり「獧者」であった
第三章 瓦解する清帝国 ―アジア最後の帝国は欧米列強になすすべなく屈した
第四章 議会民主主義への執念 ―自由民権運動の燈を絶やさなかった男・星亨の生涯
第五章 ロシアの東方進出 ―暴力と懐柔によって既成事実を重ねるロシアの手法
第六章 ロシアの満州占領 ―ロシアの意図を考えればいずれ戦争は避けられない
第七章 日英同盟 ―小村の意見書が英か露かの選択に決着をつける
第八章 日露開戦 ―その背景には日本の弱点を補う「日英同盟」があった
第九章 日本民族の興隆期 ―日本人の愛国心に世界は驚嘆した
第十章 死闘 ―旅順港攻略戦は日露戦争の最も悲痛な叙事詩だった
第十一章 世界史の分岐点 ―日本海海戦は奇跡の大勝利
第十二章 ポーツマス条約 ―ローズヴェルトの説得にも小村は譲る気がなかった
第十三章 韓国併合 ―他に選択肢はあったのだろうか
終章 明治の終わり
一般注記 小村寿太郎年表: 巻末
文献目録あり
著者標目 岡崎, 久彦(1930-) <オカザキ, ヒサヒコ>
件 名 NDLSH:小村, 寿太郎(1855-1911)
NDLSH:日本 -- 歴史 -- 明治時代  全ての件名で検索
分 類 NDC9:210.6
NDLC:GB415
書誌ID 1000038164
ISBN 9784569579542
NCID BA63598990 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料