このページのリンク

ニホンゴ ノ コウコガク
日本語の考古学 / 今野真二著
(岩波新書 ; 新赤版 1479)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2014.4
本文言語 日本語
大きさ vii, 258p : 挿図 ; 18cm

所蔵情報を非表示

新書
SI810.2||K 000283358 9784004314790

書誌詳細を非表示

内容注記 1 「書かれた日本語」の誕生-最初の『万葉集』を想像する
2 『源氏物語』の「作者」は誰か-古典文学作品の「書き手」とは
3 オタマジャクシに見えた平仮名-藤原定家の『土佐日記』
4 「行」はいつ頃できたのか-写本の「行末」を観察する
5 和歌は何行で書かれたか-「書き方」から考える日本文学と和歌
6 「語り」から「文字」へ-流動体としての『平家物語』
7 「木」に読み解く語構成意識-「ツバキ」と「ヒイラギ」と
8 なぜ「書き間違えた」のか-誤写が伝える過去の息吹
9 「正しい日本語」とは何か-キリシタン版の「正誤表」から
10 テキストの「完成」とは-版本の「書き入れ」
著者標目 今野, 真二(1958-) <コンノ, シンジ>
件 名 BSH:日本語 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:日本語 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC9:810.2
書誌ID 1000039724
ISBN 9784004314790
NCID BB15317690 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料