このページのリンク

カラモノ ノ ブンカシ : ハクライヒン カラ ミタ ニホン
唐物の文化史 : 舶来品からみた日本 / 河添房江著
(岩波新書 ; 新赤版 1477)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2014.3
本文言語 日本語
大きさ x, 238p, 図版 [8] p : 挿図, 地図 ; 18cm

所蔵情報を非表示

新書
SI210.18||K 000283333 9784004314776

書誌詳細を非表示

内容注記 第1章 「唐物」のはじまり-正倉院と聖武天皇
第2章 百花繚乱、貴族があこがれた「異国」-「国風文化」の実像
第3章 王朝文学が描く唐物趣味-『枕草子』『源氏物語』の世界から
第4章 武士の時代の唐物-福原・平泉・鎌倉
第5章 茶の湯と天下人-中世唐物趣味の変遷
第6章 庶民がみる舶来品へ-南蛮物・阿蘭陀物への広がり
終章 「舶来品」からみた日本文化
一般注記 参考文献: p225-233
著者標目 河添, 房江(1953-) <カワゾエ, フサエ>
件 名 NDLSH:貿易品
NDLSH:日本 -- 文化 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 外国関係 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC9:210.18
書誌ID 1000039722
ISBN 9784004314776
NCID BB15140762 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料