このページのリンク

スウガク ジョセツ
数学序説 / 吉田洋一, 赤摂也著
(ちくま学芸文庫 ; [ヨ13-1])

データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2013.9
本文言語 日本語
大きさ 473p : 挿図 ; 15cm

所蔵情報を非表示

文庫
B41||Y 000269217 9784480095589

閉架
B41||Y 000294025 9784480095589

書誌詳細を非表示

内容注記 1.幾何学的精神-パスカルとエウクレイデス
2.光は東方より-代数学の誕生-
3.描かれた数-デカルトの幾何学-
4.接線を描く-微分法と極限の概念-
5.拡がりを測る-面積と積分法の概念-
6.数学とは何か-ヒルベルトの公理主義-
7.脱皮した代数学-群、環、体-
8.直線を切る-実数の概念と無限の学の形成-
9.数学の基礎づけ-無限の学と破綻と証明論の発生-
10.偶然を処理する-確率と統計-
一般注記 シリーズ番号はジャケットによる
著者標目 吉田, 洋一(1898-1989) <ヨシダ, ヨウイチ>
赤, 攝也(1926-) <セキ, セツヤ>
件 名 BSH:数学
分 類 NDC8:410
NDC9:410
書誌ID 1000037316
ISBN 9784480095589
NCID BB13435164 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料