このページのリンク

マッハ リキガクシ : コテン リキガク ノ ハッテン ト ヒハン
マッハ力学史 : 古典力学の発展と批判 / エルンスト・マッハ著 ; 岩野秀明訳
(ちくま学芸文庫)

データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2006.12
本文言語 日本語
大きさ 2冊 ; 15cm

所蔵情報を非表示

文庫 B42||M||1 000232553 4480090231

文庫 B42||M||2 000232561 448009024X

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Die Mechanik in ihrer Entwicklung historisch‐kritisch dargestellt
内容注記 【上巻】
第1章 静力学の原理の発展
1 梃子の原理
2 斜面の原理
3 力の合成の原理
4 仮想変位の原理
5 静力学の発展の回顧
6 静力学の原理の流体への応用
7 静力学の原理の気体への応用
第2章 動力学の原理の発展
1 ガリレイの業績
2 ホイヘンスの業績
3 ニュートンの業績
4 反作用原理の評論と直観化
5 反作用原理および質量概念の批判
6 時間、空間、および運動に関するニュートンの説
7 ニュートンの諸定立についての概括的批判
8 動力学の発展の回顧
9 ヘルツの力学
10 本書に叙述した考え方に対するさまざまな解釈
【下巻】
第3章 諸原理の応用と力学の演繹的発展
1 ニュートン的諸原理の射程
2 力学の計算式と尺度
3 運動量保存、重心保存、面積保存、の法則
4 衝突の法則
5 ダランベールの原理
6 活力の原理
7 最小束縛の原理
8 最小作用の原理
9 ハミルトンの原理
10 流体力学の問題への力学の諸原理のいくつかの応用
第4章 力学の形式的発展
1 等周問題
2 力学における神学的、物活論的、神秘主義的観点
3 解析力学
4 科学の経済
第5章 力学の他の知識領域への関係
1 力学の物理学への関係
2 力学の生理学への関係
3 結語
一般注記 「力学史」(公論社 1976年刊)の改題改訳
原著第9版の翻訳
著者標目 Mach, Ernst, 1838-1916
岩野, 秀明(1940-) <イワノ, ヒデアキ>
件 名 BSH:力学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:423.02
NDC9:423.02
書誌ID 1000032098
ISBN 4480090231
NCID BA79552401 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料