このページのリンク

ニッカン オンガク ノート : エッキョウ スル タビビト ノ ウタ オ オッテ
日韓音楽ノート : 「越境」する旅人の歌を追って / 姜信子著
(岩波新書 ; 新赤版 542)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 1998.1
本文言語 日本語
大きさ iii, 231p ; 18cm

所蔵情報を非表示

新書
SI762||K 000092049 400430542X

書誌詳細を非表示

内容注記 序 あなたへの手紙
1 なぜ日本と韓国の唱歌が似ているのか
2 戦争の響きが生み出したリズム
3 「汽笛」「声」 ー 国づくりの音が聞こえる
4 貫一・お宮、朝鮮半島を行く
5 古賀メロディと失郷民たちの歌
6 演歌の源流は韓国?日本?
7 エレジーの女王・李美子を訪ねて
8 「阿飛」の時代 ー 韓国語ロックの登場
9 歌謡浄化運動と文化的混血児たち
10 ニヒリズムの声、アイデンティティの音
11 90年代ソウル、そして対馬へ
結びにかえて 旅する音楽詩人への手紙
著者標目 姜, 信子(1961-) <강, 신자>
件 名 BSH:流行歌
NDLSH:流行歌 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:音楽(朝鮮) -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:音楽(日本)
分 類 NDC9:762
書誌ID 1000015358
ISBN 400430542X
NCID BA34044474 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料