このページのリンク

ナンキン ジケン
南京事件 / 笠原十九司著
(岩波新書 ; 新赤版 530)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 1997.11
本文言語 日本語
大きさ ii, 248p ; 18cm

所蔵情報を非表示

新書
SI210.7||K 000091926 4004305306

書誌詳細を非表示

内容注記 序 何がどう裁かれたのか ー 東京裁判と南京軍事法廷
1 南京渡洋爆撃の衝撃
2 上海派遣軍、独断で南京へ向かう
3 近郊農村で何が起きたか ー 波状進軍がもたらした被害
4 南京陥落 ー 徹底した包囲殲滅戦(せんめつせん)
5 「残敵掃蕩」の実相 ー南京難民区国際委員会の記録
6 事件の全貌、そして国際的影響を考える
結びにかえて ー いあ問われているのは何か
一般注記 主な参考・引用文献: p239-246
著者標目 笠原, 十九司(1944-) <カサハラ, トクシ>
件 名 BSH:南京事件
NDLSH:南京事件
FREE:中国本土
分 類 NDC9:210.7
書誌ID 1000015297
ISBN 4004305306
NCID BA33221213 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料