このページのリンク

センゴ オ カタル
戦後を語る / 岩波新書編集部編
(岩波新書 ; 新赤版 392)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 1995.6
本文言語 日本語
大きさ v, 245p ; 18cm

所蔵情報を非表示

新書
SI916||I 000090621 4004303923

書誌詳細を非表示

内容注記 中国、シベリアから帰った父と車イスの私 / 安積遊歩
戦後の"戦争犯罪" / 網野善彦
個人と集団 / 有馬朗人
「戦後十年」 / 池内紀
アメリカを追いかけての戦後 / 入交昭一郎
朝鮮戦争のころ ―わが鮮度人生の再出発 / 色川大吉
重箱の隅をつっついてみる / 永六輔
無知という罪 / 大野和士
一軍医の戦後非戦の誓い / 小川武満
エイズが教えてくれたこと / 小貫大輔
重層する戦争体験と私の戦後 / 加賀乙彦
平和で、住みよく、明るい国へ / 香川京子
戦後五〇年と近代化の一〇〇年 / 姜尚中
『存在と時間』への道 / 木田元
リズムを探して / 姜信子
「ドヤ」街の医師として / 佐伯輝子
「国民」の盲点と市民 / 坂本義和
五〇年後のユバナウレ / 新城和博
復讐から未来へ / 高野雅夫
アイヌとシサムと / 知里むつみ
戦後教育を考える / 喗峻淑子
紛争地から見えた日本 / 長倉洋海
「わかるだろうこと」と「わからないかもしれないこと」 / 西川伸一
ジャーナリズムへの憂い / 原寿雄
国際ボランティアと私 / 星野昌子
「霊的なもの」を捨ててはいけない / 水木しげる
一般注記 執筆者: 安積遊歩ほか
著者標目 岩波新書編集部 編 <イワナミ シンショ ヘンシュウブ>
件 名 NDLSH:日本 -- 歴史 -- 昭和時代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:916
書誌ID 1000014674
ISBN 4004303923
NCID BN12736691 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料