このページのリンク

ポータブル C プログラミング : イショクセイ オ カンガエタ プログラミング ギホウ
ポータブルCプログラミング : 移植性を考えたプログラミング技法 / M.R.ホートン著 ; 長尾高広訳

データ種別 図書
出版者 東京 : トッパン
出版年 1990.12
本文言語 日本語
大きさ 475p ; 21cm

所蔵情報を非表示

開架
007.64||H 000007849 4810185036

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Portable C software.
内容注記 【第1部 イントロダクション】
1章 移植性が重要な意味を持つ理由
2章 C言語の歴史
【第2部 移植性の高いプログラムを書く方法】
3章 移植性の高いプログラムの設計方法
4章 既存のプログラムの移植
5章 ユーザーインターフェース
6章 ネットワークプロトコルの設計
【第3部 移植性に関する一般的な問題】
7章 移植性の高いプログラムを作るために考慮しなければならないこと
8章 ハードウェア依存事項
9章 Cの言語仕様と処理系に関連する依存事項
10章 オペレーティングシステム依存事項
【第4部 リファレンス】
11章 Cライブラリ関数
12章 システムコール
13章 インクルードファイル
14章 定義済み変数
15章 ユーザーコマンド
一般注記 標題紙の訳者名は長尾高弘の誤植
著者標目 Horton, Mark R.
長尾, 高弘(1960-) 訳 <ナガオ, タカヒロ>
件 名 BSH:電子計算機 -- プログラミング  全ての件名で検索
分 類 NDC8:007.64
NDC7:418.6
書誌ID 1000012717
ISBN 4810185036
NCID BN06079290 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料