このページのリンク

ゲンダイ シソウ ニュウモン : グローバル ジダイ ノ シソウ チズ ワ コウナッテ イル
現代思想入門 : グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! / 仲正昌樹 [ほか] 著

データ種別 図書
出版者 東京 : PHPエディターズ・グループ
出版者 東京 : PHP研究所 (発売)
出版年 2007.2
本文言語 日本語
大きさ 233p : 挿図 ; 21cm

所蔵情報を非表示

開架
133||N 000245183 9784569655611

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:現代思想入門 : グローバル時代の思想地図はこうなっている
内容注記 【PART1】戦後「現代思想」の見取図
「現代思想」の変遷
【PART2】フランクフルト学派の批判理論
フランクフルト学派の展開
マックス・ホルクハイマー―学際的唯物論から批判の道へ
テオドール・W・アドルノ―観念論の解体と「非同一的なもの」の救済
ヴァルター・ベンヤミン―アレゴリーと集団的夢としての資本主義
ユルゲン・ハーバマス―コミュニケーション的理性と公共圏の構造転換
ホネットとメディア論者達―ポスト・ハーバマスを巡って
【PART3】正義論としてのポスト構造主義
ポスト構造主義の基本理念
ジャン・ボードリヤール―消費社会の神話と構造
ジャン=フランソワ・リオタール―ポストモダンの「正当性」
ミシェル・フーコー―支配のテクノロジーと自己のテクノロジー
ジャック・デリタ―世界の「余白」に
ドゥルーズ=ガタリ―マイナー性のために
【PART4】現代リベラリズムの冒険
現代リベラリズムとは何か
ジョン・ロールズ―公正としての正義
ロバート・ノージック―「最小国家」の構想
カール・ポパー―「開かれた社会」の探求
リチャード・ローディ―リベラル・アイロニスト
【PART5】西欧近代にとっての「他者」
カルチュラル・スタディーズとポストコロニアリズム
スチュアート・ホール―「保証なき」教育者/介入者
ポール・ギルロイ―ディアスポラの思想
エドワード・W・サイード―亡命者の思想
ガーヤットリー・チャクロヴォルティ・スピヴァク―サバルタンの思想
アントニオ・ネグリ+マイケル・ハート―マルチチュードの思想
一般注記 その他の著者: 清家竜介, 藤本一勇, 北田暁大, 毛利嘉孝
参考文献: 項末
Book guide: 章末
著者標目 仲正, 昌樹(1963-) <ナカマサ, マサキ>
清家, 竜介 <セイケ, リュウスケ>
藤本, 一勇(1966-) <フジモト, カズイサ>
北田, 暁大(1971-) <キタダ, アキヒロ>
毛利, 嘉孝(1963-) <モウリ, ヨシタカ>
件 名 BSH:哲学 -- 歴史 -- 近代  全ての件名で検索
NDLSH:社会思想
分 類 NDC8:133
NDC9:133
書誌ID 1000033881
ISBN 9784569655611
NCID BA80331589 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料