このページのリンク

ユウキ カガク ノ タメ ノ スペクトル カイセキホウ : UV, IR, NMR, MS ノ カイセツ ト エンシュウ
有機化学のためのスペクトル解析法 : UV, IR, NMR, MSの解説と演習 / M. Hesse, H. Meier, B. Zeeh著 ; 馬場章夫, 三浦雅博ほか訳

データ種別 図書
出版者 京都 : 化学同人
出版年 2000.4
本文言語 日本語
大きさ ix, 372p ; 24cm

所蔵情報を非表示

閉架
433.9||H 000189993 4759808485

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Spektroskopische Methoden in der organischen Chemie
原タイトル:Spectroscopic methods in organic chemistry
内容注記 【1章 紫外/可視分光法(UV/Vis)】
1. 紫外/可視分光法の理論
2. スペクトル測定のための試料の調製
3. 発色団
4. 紫外/可視スペクトルの応用
5. 微分スペクトル
6. 不斉光学法
【2章 赤外分光法(IR)、ラマン分光法
1. はじめに
2. 基本原理と選択則
3. 赤外分光計
4. 試料の調製
5. 赤外スペクトル
6. 特性吸収の概要
7. 水素との単結合の赤外吸収
8. 三重結合およびに集積二重結合の赤外吸収
9. 二重結合 C=O,C=N,C=C,N=N,N=Oの赤外吸収
10. 芳香族化合物の典型的な赤外吸収
11. 指紋領域での赤外吸収
12. 赤外スペクトルの例
13. 赤外分光法を支援する情報技術
14. 定量的赤外分光法
15. ラマン分光法
【3章 核磁気共鳴分光法(NMR)】
1. 物理的基礎原理
2. 核磁気共鳴と分子構造
3. 1^HNMRスペクトル
4. 13^Cスペクトル
5. 1^Hおよび13^CNMRデータ:重要な化合物群の代表例
6. 多核NMR
【4章 質量分析法(MS)】
1. はじめに
2. 装置およびスペクトルの記録
3. 有機化合物のフラグメンテーション
4. 有機化合物のおもなフラブメンテーション反応
5. 質量分析計内における熱反応
6. 不純物を含む試料および混合物のマススペクトル
7. 同位体標識反応
8. 各種の質量分析ほと概念
9. マススペクトル解析のための表
【5章 複数のスペクトルを組み合わせた有機化合物の決定】
例題1
例題2
例題3
例題4
例題5
例題6
例題7
一般注記 監訳: 野村正勝
原著第5版の翻訳
参考文献: 各章末
著者標目 Hesse, Manfred, 1935-
Meier, H.
Zeeh, Bernd
馬場, 章夫 <ババ, アキオ>
野村, 正勝 <ノムラ, マサカツ>
三浦, 雅博(1956-) <ミウラ, マサヒロ>
件 名 BSH:スペクトル分析
BSH:有機化学
NDLSH:有機分析
分 類 NDC9:433.9
書誌ID 1000025903
ISBN 4759808485
NCID BA46413884 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料